読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日本に健康な人って、何人 いるんだろう?

私、妊活中。そこから得たもの〜健康とは何か〜                健康について学んだこと。感じた事

腸!イイ感じの人生を!たくさんの人に伝えたい!

先日の腸内フローラの勉強会で学んだ内容と、ファスティングマイスターになるために学んだ事を少しまとめました。

腸内環境(生活環境の中で一番身近な環境)を整える事がいかに大事なのか、伝わる事を願って。 

 

 

私達の腸内には、多種多様な細菌が生息しています。

種類の数には諸説あるが、約3万種、1000兆個。

小腸、大腸の表面積はテニスコート一面分と言われています。

特に小腸から大腸にかけて、これらの様々な細菌が種類ごとにグループを形成してまとまり、腸内に壁面を作り生息しています。顕微鏡で腸をのぞくと、それらはまるで植物が群生しているお花畑(英:flora)のように見えることから,「腸内フローラ」と呼ばれるようになりました。

 

腸内細菌は人間が摂取した食べ物や生活習慣、人種によって人ごとに異なります。腸内フローラの状態は、食事、生活習慣、年齢、ストレスなどによって影響を受け変化します。

 

腸内フローラは大きく3つに分けられ構成されています。

①体に良い働きをする善玉菌。代表的なのが、乳酸菌やビフィズス菌です。

②体に悪い働きをする悪玉菌。代表的なのが大腸菌ウェルシュ菌です。

日和見菌は優勢の方に味方するため、善玉菌が優位となるような食生活を摂ることが必要なのです。

 

①善玉菌は食物繊維穀物、イモ類、豆類、海藻類、キノコ類、ゴボウなど)やオリゴ糖(ヤーコン、玉ねぎ、きな粉、豆乳などに多く含まれる)を栄養源として増えるので、これらの食品を摂ることが大切です。また発酵食品の漬物や味噌、納豆などに乳酸菌やビフィズス菌といった善玉菌が豊富に含まれているので、これらを摂ることで乳酸や酢酸が産生され、酸性に傾くことでアルカリ性を好む悪玉菌を少なくする効果があります。

 *ちなみに抗生物質を摂ると、善玉菌を殺す可能性があります。

 

 

②悪玉菌は肉類が大好きで、偏った嗜好品(栄養分として直接必要ではないが、人間の味覚、臭覚、聴覚などに、快感を与える食料、飲料)と食生活でバランスは崩れます。

悪玉菌は主に動物性たんぱく質をエサにして腐敗を起こし、アンモニアなどの有害物質を作る。単に臭いオナラが出るということだけではなく、腸壁の細胞を少しずつ長い年月をかけて、傷つけがんを引き起こしたり、一部は吸収され血液を介して肝臓に送られ解毒されるため、肝臓を弱らせたり、肝臓の機能低下によって解毒が間に合わなくなると、有害物質が体中をめぐり、生活習慣病や老化に繋がるのです。また悪玉菌は腸内をアリカリ性にするので、免疫機能を低下させます。

またストレスによって悪玉菌を増やします。ストレスは腸にたまるということです。腸はストレスの影響をダイレクトに受け、悪玉菌を増やすことにより、便秘、下痢、体調不良、肌荒れ、情緒不安定などを引き起こすのです。また腸内バランスが悪いと、太りやすくなったり、自立神経を崩す原因にもなります。

 

 

おそらく日本人の約70%の人がLGS(リーキーガット症候群)による何らかの障害を受けているといいます。

LGSとは、腸の粘膜がやられ、有害物質などが体内に「漏れる」状態という意味です。先程説明したように、特に動物性たんぱく質を摂りすぎると十分に消化されず、腸に到達。腸内の悪玉菌がそれをエサに異常発酵を起こしアンモニアなどの有害物質を発酵させ、腸壁を傷つけたり、穴があくことで未消化の物質や有害菌が腸壁に侵入してしまうのです。

本来は正しく消化され、細かくなった栄養素だけが腸の膜を通過できます。しかし傷付き破れた腸の膜は、消化しきれなかった余分なタンパク質や脂肪、さらには有害物質までも体内に取り込んでしまいます。

症状は、喘息、食物アレルギー、アトピー性皮膚炎、偏頭痛、下痢、便秘、関節炎、更年期障害子宮筋腫、疲労、呼吸器疾患、花粉症悪化など多岐にわたります。

 

私達は腸内細菌と共に生き、活かされているのです。これらのバランス(「腸内フローラ」の状態)を腸内環境といい、実は生活習慣で一番身近な環境が腸内環境なのです。腸内環境の悪い人はいかに改善する必要があるかわかると思います。

過食、飽食(おなか一杯食べ満足すること)をはじめ、現代の社会において、腸内環境を自然と整えることは大変難しいため、定期的に腸を見つめなおす必要があるのです。

 

 

 勉強すればするほど、ファスティング(断食)によって、腸内環境を整える事が今の私たちにとって、どれだけ重要な役割をしてくれるかわかりました。しかし、正しいファスティングをしなければ、またそれが健康被害につながり、場合によっては命に関わる深刻な事態になることも。そのため、正しい知識と効果的な実践法を学ぶことが必要不可欠なのです。

私は今月の11日にファスティング初級検定を受け、そこから初めて自身でファスティングを体感します。そして5月下旬に二級検定試験を受け、ファスティングや健康、美容に関する高度な知識と経験を取得して初めて、そのスキルを有する資格者として、幅広く多くの人に伝えたり、ファスティングカウンセリングとしてサポートができます。

どうかそれまで、腸内環境を整えたい方、お待ちくださいね!

でもどうしても今すぐファスティングしたい!という方は、直接メールやコメントで連絡ください!すでにプロフェッショナルファスティングマイスターとして、活躍されている方をご紹介させていただきます!

また、自分も一緒に勉強したい!本当の健康を伝える人になりたい!家族、友達、これから子供達が生きる日本の未来を守りたい!という方がいたら、メッセージください!皆で健康で豊かな日本を作っていきましょう!